生命のメカニズム=シンプル&システマティク  〜「STAP細胞はあります!」〜

  • 2014.05.21 Wednesday
  • 02:17

5月最後の記事になりそうですが、引き続き「小保方さん応援」をさせていただきます。
*****************

2014年6月号Newton誌に「詳報・STAP細胞問題」という特集がありましたので、

購読してみました。”詳報”としていますが、実際はこの1月〜4月15日までの

”SATP細胞問題・ガイダンス”といったレベルに思います。


けれども、一般読者の視線でみれば「Newton誌としては、STAP細胞の可能性は否定」の立場で

企画されているのは明白
で、けして”中立”あるいは”肯定”ではないことがわかりました。



STAP細胞の真偽・・・といっても、もとになるべき情報が希薄な状態で”詳細”を”報告”すること自体が

大変難しいと思いますが、Newtonの特集記事全体から読み取れることは、結局のところ・・・・・

”常識”をとるか?    ”非常識”をとるか?

で、Newton誌は世の時勢に従って”常識”の立場を 紙面を通じて公表した。ということのようです。



ここでいう”常識”というのは、「いったん分化レベルに到達した細胞を、分化前のレベにもどすことはできない!」

という”常識”のことです。


”できない”という常識の立場にたつ限り、”常識”は結論につながります。


同様に、真逆の”できる”という非常識の立場にたてば、現段階では”非常識”といわれる

「小保方さんの実験」は、”ごくごく自然な、生命そのものの性質”を熟知または直感して

行われていることが理解できます。

そして、その”非常識”な方法として”酸性濃度(ph7.5)”と”プレッシャー(ガラス管)”の

2つがとりあげられたことがわかるのです。



この小保方さんの実験方法は、自然な母体のなかで受精卵が1個の細胞から人体へと成長していく初段階で

繰り返しおこっている”自然なプロセス”
を 人工的に”細胞”に体験させているのだといえます。



小保方さんの実験方法を理解するためには、DNAや遺伝子の役割の捉え方をかえる必要があります。

現時点の”常識”では、DNAや遺伝子は人体構成のための最優先の決定事項としています。つまり、

「遺伝子は設計図である」といった視点です。

その「設計図探し」の視点をやめて、細胞は細胞外からインプットされる”科学的刺激”と”物理的刺激”にたいして

「シンプル&システマチック」に反応・連鎖するメカニックとしてみていく視点を優先するとよいのです。

DNAや遺伝子というものは、その反応の際に使われるソフト情報機能だともいえます。



この考え方は、新しいものではなく、第2次大戦以前からドイツ人胎生学者・ブレッヒ・シュミッドによって

膨大な研究成果が蓄積されました。

このブレッヒ・シュミッドの理論でいえば、「人間の成り立ちを遺伝子・設計図理論で考えることは不可能で、

人体は細胞の成長過程に与えられる(細胞の成長自体に伴っておこる)”濃度変化”や”圧変化”に反応するために

遺伝子情報の中から最善の情報を選択して反応する
。」という理論を生涯つらぬき、ダーウィンの進化論には

従っていません。
その彼が、膨大な胎生学の研究成果から、確信していた”事実”は

人間はサルではなく、その始まりから人間であった」という言葉で語られたときいています。



小保方さんの実験へのアイデアも、私からみると、このブレッヒ・シュミッドの姿勢に通じるものを感じます


つまり、「シンプル&システマチック」な”細胞”のメカニックを起動させるために、

外的な刺激条件を、限りなく”自然界で起こりうる刺激”に限定していく作業が、

細胞にとっては、”分化”をうながす刺激のおこった”以前”に「時間的ワープ」をおこさせるのだ・・・と

推察しています。


こうした推察も、「STAP細胞」はありうる!という立場にたつからこそ成り立つので、

否定の立場では”反対のための反対”、”つぶしのための揚げ足取り”しか思いつくことはありません。



すくなくとも、”常識”だけにたっていては、永久に小保方さんのSTAP細胞を実現化することは

難しい!!はずです。


本来、本当に人間の進歩・発展に寄与する科学は、常識を塗り替えていく力をもっていることを

思い出していただければ、それが小保方さんへのエールにつながると信じています。




それにしても・・・・もし、私が”大金持ち”(たとえばロックフェラー財団のような)なら、

今すぐに「小保方研究所」を立ち上げて、小保方さん「STAP細胞」を完成させ、

そこから未来に発生する莫大な資金を使って 日本から”よりよい未来”のために還元するでしょうに!!!


小保方さんが、アメリカや世界の”大金持ち”に引き抜かれてしまわないことを願っています。


そこで、PRを・・・

日本のお金持ちの皆様。

どうか、小保方さんに豊富な資金と安全な研究環境を提供してください!

「STAP細胞」は、最大の投資価値をもっています。




 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Wornitz

〜ピタゴラスの手 HPより〜 Wornitz(ワーニッツ)を例えて言えば、泥水の入った容器をシェイクするようなものです。暫くするとシェイクされる前と同じように、その中身の比重に合わせて沈殿していきますが、しかし,どこをとっても「以前と同じではない」という状態、すなわち「秩序が変えられた状態」になっています。 泥水と違って私達の身体はもともと「より良くなろう」という性質が備わっており、Wornitz(ワーニッツ)によりシェイクされた後も無秩序に再構成されることはありません。常にベストな状態(秩序)を探りながら構成されていきます。そこに私達人間の素晴らしさを見ることができます。 その性質を最大限に活用させていただくことが、その時々の「最適な秩序」を構成する上でとても大切なことだと言えます。

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM