海外では「STAP細胞は、あります!」 〜小保方さんへの小さなエ〜ル〜

  • 2016.07.01 Friday
  • 14:48

2016年初投稿になります。

 

小保方さんのSTAP細胞実験の証明が”どこかで”なされることを待っていました。

 

日本の中で激しいバッシングにさらされた小保方さんに、

せめて”小さなエール”を送りたくてSTAP関連記事を凍結して”無罪”の知らせを

待っていました。

 

科学と医学の発展的な未来のために、STAP細胞の証明が日本でも受け入れられることを

改めて祈念しています!

 

  *「ドイツのハイデルベルグ大学の研究チームによって発表された

   Phによるがん細胞の多機能性獲得に関する論文」が、STAP現象の再現として期待される。

 

N.

 

  STAP HOPE PAGE : http://stap-hope-page.com/

 ・・・小保方氏が開設された英文HP

 (マカフィーでは危険度が高いと評価していましたが、

  当方のアクセスでは特別な問題は今のところ発生していない)

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Wornitz

〜ピタゴラスの手 HPより〜 Wornitz(ワーニッツ)を例えて言えば、泥水の入った容器をシェイクするようなものです。暫くするとシェイクされる前と同じように、その中身の比重に合わせて沈殿していきますが、しかし,どこをとっても「以前と同じではない」という状態、すなわち「秩序が変えられた状態」になっています。 泥水と違って私達の身体はもともと「より良くなろう」という性質が備わっており、Wornitz(ワーニッツ)によりシェイクされた後も無秩序に再構成されることはありません。常にベストな状態(秩序)を探りながら構成されていきます。そこに私達人間の素晴らしさを見ることができます。 その性質を最大限に活用させていただくことが、その時々の「最適な秩序」を構成する上でとても大切なことだと言えます。

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM